マウジーの魅力!!

    

あなたはマウジーをどのくらい
活用してる?

  
マウジー(moussy) は女性向けの渋カジの代表格で、若い女性に抜群の人気ですね〜。 特に女のための女らしいスタイルを求める女性に支持されてよ。 なので、マウジーは、「こびないファッション」ってよく言われる。 女のコがオシャレするときって、やっぱり男の視線を気にしちゃうよね。 男ウケのことを考えてしまう。 マウジーは強めなオシャレで、周囲にこびないで、自分のスタイルを守ってる 女のコに人気があるよね。 デザインもグラマラスで女性らしく、インパクトがある。 ViVi、CanCamなどの流行ファッション雑誌にも多く登場してるよね。 もともとは、エゴイストのカリスマ店員だった森本容子さんが立ち上げたブランドなんだよね。 マウジーと名前が付くブランドには、他に「ブラックバイマウジー」と「プラチナムマウジー」があるよ。

マウジーのポイント−女の子のボディーライン−

あと、マウジーと言えばデニムも相当、有名なんだけど、これはマウジーの創始者の森本容子さんならではですね。 デニムにこだわる森本容子さんが、正真正銘の女の子のデニムを考え出してくれたみたいです。 っていうのは、 足は長く見せるし、体のラインをすっきりときれいに見せてくれるデニムだからだよね。 ファッションというよりは、「美脚効果」があると言えるマウジーのデニムだから、大人気なんだよね。 体のラインをキレイに見せてくれるし、身長の低さもカバーしてくれる。 女性のボディーラインを知り尽くしたマウジーだからこそできるスラッとしたシルエットや 流行を追うのではなくて、女っぽさの中にも、どこかメンズっぽさを入れたりして コダわるところにコダわっているマウジーは、まさに女の自意識の主張のようなものだよね。

ブラック バイ マウジー(BLACK by moussy)

マウジーには姉妹ブランドのブラック バイ マウジー(BLACK by moussy)というのがあるよね。 コンセプトは、「URBAN CLASSIC」。普通なんだけど上質の素材、細身で格好良く見えるものが多いね。 質の良さにとことんこだわったっているけど、豪華・派手というわけではなくて、 素材そのものの活かし方を追求しているという印象を受ける人が多いみたい。 さりげない素材のテクスチャーやクオリティーの良いトレンドアイテムを品良く着こなす女性にお勧め。 要するにちょびっと、大人向けってことかな? そんな女性を表現するのが、ブラック バイ マウジー(BLACK by moussy)です。 デザインから素材まで、かなりコダワッテ作られているブランドで、 あまりギャルっぽくないし、シンプルな洋服が多くて上品だよね。   シンプルな服って、シルエットや素材の良さが目立ちやすいんだよね。 そういう系統の服で勝負できるブラックバイマウジーって、 かなりレベル高いと思う。 流行を追いかけないで、中身で勝負するというのは、やはりマウジーだよね。


プラチナム マウジー(PLATINUM MOUSSY)

スポンサードリンク
プラチナム マウジー(PLATINUM MOUSSY)は 森本容子さんが23歳で立ち上げたマウジー(moussy)に対して、 27歳の森本容子さんが着たい服をつくってみようという決心が形になったブランドだよ。 2004年に立ち上がったんだけど、20代中盤から30代前半の女性に大人気みたいだよね。 ブランドコンセプトは「LUXUALLY CASUAL(ラクジュアリー・カジュアル)」だって。 いわゆる「マルキュー世代」ってーやつは、大人になったて、コンサバ系やエレガント系の服なんか着ないんだよね。
そこで、大人の女をもっと楽しみたいっていう森本さんの思いが、プラチナム マウジー(PLATINUM MOUSSY)には詰まっているんだよね。 プラチナムマウジーは、森本容子さんが、大人になった自分に似合う服、着てみたいと思う服を作ってみよう、と考えて設立されたブランドなのです。 。   でも、今はもう手に入らないんです。古着だと見つかるかもしれないけど・・・。 名前はマウジーだけど、雰囲気としては、もう渋谷109じゃないよね。  今の森本さんのブランド、「カリアング」の洋服にちょっと似るかな?

マウジーの魅力!! 続編